本ページはプロモーションが含まれています

斉藤和義ライブ「歌うたいのバラッド」に投影した思い

出来事
のの
のの

ふとラジオから流れてくる曲に、心がビビっと動いたんです。

聴いたことがある・・・・、誰の何ていう曲だっけ?と思っていたら

斉藤和義さんの「歌うたいのバラッド」だと分かりました。

そして、この地域で明日コンサートがあると言うじゃありませんか!

前日にこんなことを宣伝するなんて、まだチケットあるんだなと思い検索したらありました。

コンサートのセトリを検索し、心動いた「歌うたいのバラッド」を歌うこともわかり

今回は「弾き語りツアー「十二月~2022」だということもわかりました。

「弾き語り」だなんて・・・・。学生時代に行った長渕剛の弾き語りコンサート以来。

ちょっと迷って、ポチっとチケット購入。

のの
のの

よし、行こう!

はじめて行った斉藤和義ライブ

私ね、結構いろんなライブに行くんですよ。

ちなみに、今年もこんな人たちのライブへ行きました。

  • RADWINPS
  • セカオワ
  • 小田和正
  • 桑田佳祐
  • さだまさし
  • 松山千春

などなど。どのライブもとても素敵なものでした。

未だマスク着用、声出しもNGなんですが、それでもノリノリで楽しい時間を過ごせるんです。

で、だいたいどのライブも、ミュージシャンの後ろにはバンドがいて、音響も照明もすごくって

それはそれでとても盛り上がるんです。

でも、今回の斉藤和義さんのライブは「弾き語り」なんです。ギター1本で歌うんです。

ある意味、他のライブと比べると、とってもシンプルで照明も必要最低限っていうか・・・。

でもね・・・。

のの
のの

響くんです。むちゃくちゃ届くんです。心に・・・。

私はこの斉藤和義さんのギター1本で歌う姿に

「あれもこれもとつけ足さなくても、これでいいんだな。これで十分なんだ、それでも伝わるんだ」って

そう、感じさせてくれたんです。

そして、心動いた「歌うたいのバラッド」

この曲の歌詞って、歌うたい(ミュージシャン)の心のうちを歌ったものなんですよね。

要約すると

本当のこと、大事なことは、全部歌の中にある。

歌うことは難しいことじゃない。

頭を空っぽにして、目隠しをはずし、あなたを思いながら歌う

言えなかった言葉を贈るよ「愛してる」

みたいなね。

私はこの曲を、こんなふうに解釈しながら聴いたんです。

「あなた」というところを全部「わたし」にして、「わたし」が「わたし」に贈る歌。

本当のこと、大事なことは、全部自分の中にある。

受け取ることは難しいことじゃない。

自分の声に耳を澄まし、流れに身をゆだねる。

わたしを思いながら、わたしに贈るよ「あいしてる」

のの
のの

きゃ~、自分で書きながら、超はずかしいっす!

心動かされるものって、自分の何かしらを投影してると思ってるんですね。

だから今回、ビビっときて斉藤和義さんのライブに行ったのは

しかるべきタイミングで、自分へのメッセージだったんだなと、勝手に(笑)思えました。

ぜひ聴いてみてください。

のの
のの

あなたなら、この曲にどんな思いを馳せるでしょう~。

のの
のの
この記事を書いた人

読書好き。年間200冊以上読んでます。「人間らしさ、人間臭さ」に心動く50代です。今までインプットしてきたことと経験してきたことなどを踏まえて心動く50代の「エモい生き方」を綴っています。

ののをフォローする
ブログランキング・にほんブログ村へ
出来事
ののをフォローする

コメント